お金

クレジットカードで迷っているならランキングを参考にしよう

支払う利息の計算

スーツの女性

限度額の大きさで金利決定

消費者金融や銀行でカードローンを利用するなら、なるべく低い金利で利用したいです。しかし、初めて利用をするにもかかわらず、最初から低金利で融資をしてもらえることはまずないです。基本的にカードローンは無担保で融資を行なうため、信用が大事になってきます。初回の場合ですと、きちんと返済をしてくれるかどうかわからない人に融資をするのですから、最初は小額で融資をして返済実績を積んで信用がついてから限度額が増額できたり、金利を引き下げてもらえることになるのです。担保商品は、返済不能でも担保で回収できるので金利が低くなっています。限度額が大きくなればその分金利も低くなりますので、カードローンの金利は、信用が大事となってきるのです。

どのくらい利息がかかるか

カードローンの返済をするときには利息をつけて返します。支払う利息は金利で決まります。その金利計算ですが、残高×金利÷365日×利用日数で求めることができます。例えば30万円を18%で30日間借りた場合の金利計算ですが、30万円×18%÷365日×30日の金利計算となります。金利計算し求められた利息は4438円となります。全額完済をする際には、30万円に利息分の4438円足した金額が完済金額となります。分割で返済をする場合には、返済をすることで残高が減りますので、その減った残高に対して金利がかかります。つまり、また30日間利用するのであれば初回の支払いのときよりも残高が減った分、利息の支払う金額も減ることになります。