お金

クレジットカードで迷っているならランキングを参考にしよう

長期で低金利の借入

電卓を持つ女の人

大きい限度額が必要

個人事業主や中小企業向けの事業資金調達には不動産担保ローンです。その理由は、まず総量規制の適用がされないことです。個人向けのローンであると貸金業者からの借入は、年収の3分の1以下まで借り入れ金額が制限されることとなります。ところが、不動産担保ローンなど事業資金向けの借入に関しては総量規制が適用されることがありませんので、年収の3分の1以上の借入がもちろん可能なのです。さらに、無担保の公的融資であると審査に時間がかかるだけでなく、厳しいですから借りれるという保証はないです。しかし、不動産担保ローンであれば比較的審査も速く1週間以内に借り入れができることも可能で、急な資金需要に対して対応できるメリットがあります。

金利も低く設定されている

不動産担保ローンは、個人向けの無担保ローンに比べると金利が低く設定されていることが特徴にあります。低く設定される理由は、土地や建物など不動産を担保として提供するからです。提供した担保に根抵当権が設定されます。無担保の場合、融資をして返せなくなったとしたら代わりに回収できるものがないので、その分金利を高く設定し利息をとるのです。不動産担保ローンであれば返済不能になっても最悪担保回収できるので、貸す側としては安心して大きい金額を低金利で融資をすることができるのです。貸す側からすれば、どうぞ借りてくださいとなるので、無担保商品のカードローンで審査に落ちたとしても、土地を保有していれば不動産担保ローンで融資が受けられることもあるのです。